バリアフリー住宅とは?|不動産賃貸経営用語集 バリアフリー住宅の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
バリアフリー住宅とは?|不動産賃貸経営用語集 バリアフリー住宅の意味を調べる!

バリアフリー住宅

シェア
ツイート
LINEで送る
バリアフリー住宅とは、高齢者や身体障害者などが生活する上で障壁(バリア)となる部分を取り除き、小さなお子様から高齢者の方々まで「安心・安全・快適」に生活できることを前提とした住まいのことを言うのじゃ!例えば、段差・敷居を無くす、手すりを付けた廊下の設置、洋式トイレの設置などです。最近では、ユニバーサルデザイン(年齢や性別に関係なく、すべての方のために作られたデザイン)の物件も、よく目にするようになってきました。
また、2003年に「改正ハートビル法」(高齢者、身体障害者等が利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律)が制定されて以来、マンションなどの共同住宅でも、バリアフリーへの対応がされるようになってきたぞ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP