解約手付とは?|不動産賃貸経営用語集 解約手付の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
解約手付とは?|不動産賃貸経営用語集 解約手付の意味を調べる!

解約手付

シェア
ツイート
LINEで送る
いったん締結した契約を、理由のいかんにかかわらず、後で解除することができる手付を解約手付というのじゃ!
相手方が履行に着手する前までは、買主は手付金を放棄し(手付流し)、売主は手付金の2倍の金額を返却すれば(手付倍返し)、契約を解除できるというものじゃよ!
履行の着手とは、買主が代金の一部として内金を支払ったり、売主が物件の引渡しや登記の準備を始めたことなどをいうのじゃ!
不動産会社が売主となる場合は、売買代金の20%を超える手付金を受領してはいけないのじゃ!手付には、解約手付の他に、契約成立を証する「証約手付」、債務不履行の際の損害賠償の予定、または、違約罰としての「違約手付」があるのじゃ!


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP