過失相殺とは?|不動産賃貸経営用語集 過失相殺の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
過失相殺とは?|不動産賃貸経営用語集 過失相殺の意味を調べる!

過失相殺

シェア
ツイート
LINEで送る
過失相殺とは、損害賠償額から過失相当分を差し引いて損害を負担することをいうのじゃな!
賠償を受ける者にも過失がある場合に、負担を公平に行なうために適用されるぞ!
何らかの損害が発生し、その加害者と被害者がいる時、被害者の過失を考慮した上で加害者の賠償責任を決めるという規定です。民法の第722条に記されています。例えば、交通事故で被害者に1000万円の損害が発生したものの、被害者にも4割の責任があると判断された場合、加害者の賠償額は相殺されて600万円になるんじゃぞ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP