任意売却(任売)とは?|不動産賃貸経営用語集 任意売却(任売)の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
任意売却(任売)とは?|不動産賃貸経営用語集 任意売却(任売)の意味を調べる!

任意売却(任売)

シェア
ツイート
LINEで送る
任意売却とは、裁判所に不動産を競売にかけられる前に、債権者と話し合いをして、納得のいく価格で任意に不動産売買をすることじゃ!「任売」とも言うんじゃ!
不動産を売却しても住宅ローンを全額銀行に返済できず、住宅ローンが残ってしまう状況において、債務者と債権者の間に仲介者(主に不動産業者)が入り、債務者・債権者・不動産の購入者の3者で取引を成立させるんじゃな!
任意売却の場合、競売より高い価格で不動産が売れることが多いため、結果として債権の回収額が多くなることがメリットです。
競売は、裁判所が最低売却価格を設定しますが、一般的に時価よりも相当低い金額になるんじゃ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP