抜き行為とは?|不動産賃貸経営用語集 抜き行為の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
抜き行為とは?|不動産賃貸経営用語集 抜き行為の意味を調べる!

抜き行為

シェア
ツイート
LINEで送る
抜き行為とは不動産会社と依頼人が媒介契約を締結した後に、他の不動産会社がそのお客様を誘引し、元々の媒介契約等を解約させ、新たな媒介契約を締結し取引を成立させようとする行為のことを指すのじゃ!業者間のトラブルを避けるため、抜き行為は水面下で巧妙に行われます。
宅地建物取引業者との間で締結されていた媒介契約が「専任媒介契約」や「専属専任媒介契約」である場合には、依頼者は当該媒介契約に従って違約金を支払うこととなる可能性があるぞ! また、媒介契約が「一般媒介契約」である場合には、依頼者が明示義務や通知義務を怠れば、当該媒介契約に従って違約金を支払う可能性がでてくるんじゃ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP