準住居地域とは?|不動産賃貸経営用語集 準住居地域の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
準住居地域とは?|不動産賃貸経営用語集 準住居地域の意味を調べる!

準住居地域

シェア
ツイート
LINEで送る
準住居地域とは、都市計画法(9条)で「道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域」定義されているんじゃ!自動車関連施設などの建築やサービス業と、これと調和した住居の環境を保護するための地域のことを指します。
この用途地域では、建ぺい率の限度は原則として50%、60%または80%です。 また容積率の限度は100%から500%の範囲内(6種類)で都市計画で指定されます。 この地域に建てられるのは下記のとおりじゃ!

・住宅などの居住用の建物、教育施設
・店舗等(1万平方メートル以下)、事務所等、ホテル、旅館など
・娯楽施設、や展示場等(1万平方メートル以下)
・倉庫等(建築基準法法令で定める量を超ない危険物の貯蔵)、自動車車庫、畜舎、自動車
・修理工場(原動機を使用する工場は作業場が150平方メートル以下)

この地域に建てられないのは、風俗業、商業地域および準工業地域に建築してはならない工場、住環境を悪化させる工場・危険物の貯蔵などじゃ!


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP