単純承認(相続)とは?|不動産賃貸経営用語集 単純承認(相続)の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
単純承認(相続)とは?|不動産賃貸経営用語集 単純承認(相続)の意味を調べる!

単純承認(相続)

シェア
ツイート
LINEで送る
相続において相続人が留めることなく相続を承認することじゃ!
この場合、被相続人の財産を無条件で相続人が受け継ぐことになります。ただし財産は現金や預貯金・不動産などのプラスの財産だけではなく、負債があった場合その負債も引き受けることになるのじゃ!
相続の開始があったことを知ったときから原則として3ヵ月以内に相続放棄や限定承認をしなければ単純承認をしたものとみなされるなど、実際の相続においては単純承認となるケースが多いのじゃ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP