法定耐用年数と経済的耐用年数の違いと活用方法|動画で学ぶ!博士チャンネル-不動産賃貸経営博士-

法定耐用年数と経済的耐用年数の違いと活用方法|動画で学ぶ!博士チャンネル-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
法定耐用年数と経済的耐用年数の違いと活用方法|動画で学ぶ!博士チャンネル
new相続
THEME

法定耐用年数と経済的耐用年数の違いと活用方法

↓チャンネル登録はこちら

法定耐用年数と経済的耐用年数の違いと活用方法

法定耐用年数と、経済的耐用年数の違いと使い方についてご説明したいと思います。

法定耐用年数は、木造、鉄骨、重量鉄骨とします。RC、鉄筋、鉄骨コンクリート。いう場合で、これは住宅にしま、住宅の場合は皆さんほぼ、結構ご存じだと思いますが、木造は22年、鉄骨、重量鉄骨は34年、RCは47年と。これは法定耐用年数で新築の場合の耐用年数です。これを基にして、減価償却の期間を割り出して、率を掛けて減価償却をやっております。これに対して、経済的耐用年数というのがあります…

税理士法人 とりやま財産経営
鳥山昌悟税理士
不動産税務、消費税還付、相続税、税務調査、企業支援、節税対策は、ワンストップサービスで幅広い業務に対応しているとりやま財産経営にお任せください。

新着動画

PAGE TOP