大家さんが内容証明郵便を利用すべきタイミングは?内容証明郵便の送り方や書き方のポイントを解説!|動画で学ぶ!動画チャンネル-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 動画チャンネル > 動画チャンネル 内容証明 > 大家さんが内容証明郵便を利用すべきタイミングは?内容証明郵便の送り方や書き方のポイントを解説!|動画で学ぶ!動画チャンネル
new内容証明
THEME

大家さんが内容証明郵便を利用すべきタイミングは?内容証明郵便の送り方や書き方のポイントを解説!

どういうときに内容証明郵便を使うべきか(0:44~)※0:44~再生されます ↓↓

内容証明郵便を使うべき理由は2つあり、一つ目は、郵便が届いた事実と郵便の内容について、法律上、確実に証明する必要がある場合です。例えば、「延滞賃料の催告」「賃貸借契約解除の意思表示」「賃料増額請求の意思表示」「更新拒絶・解約申し入れの意思表示」など、裁判になった場合には証明が必要なので、内容証明を使う必要があります。

内容証明郵便の送り方(2:04~)※2:04~再生されます ↓↓

内容証明郵便の送り方は、郵便局から送る場合と電子内容証明サービスを利用する場合があります。郵便局から送る場合、同じ文書にハンコを押したものを3通用意し、差出人・受取人の住所・氏名を記載した封筒と一緒に郵便局に持ち込むことになります。郵便局から送る場合のメリットは、相手に対する心理的プレッシャーという意味で優れています。

たつき総合法律事務所
秋山 直人
2001年弁護士登録で,弁護士業界では「中堅」と呼ばれる世代です。不動産分野のトラブル(売買,借地・借家,土地・建物明渡し,共有物分割,漏水問題,マンション関係等)の解決に特に力を入れており,得意分野としています。宅地建物取引士,マンション管理士の資格も持っています。
関連動画

新着動画

PAGE TOP