入居者が住みやすい空間に-大家さんのちょっとした幸せ談--不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
入居者が住みやすい空間に-大家さんのちょっとした幸せ談-

入居者が住みやすい空間に-大家さんのちょっとした幸せ談-

シェア
ツイート
LINEで送る
幸せその1これからも大切な家族の為に (千葉県/Sさん)

サラリーマン時代、ふと家計を見直すと、今の生活が私の収入ギリギリで成り立っていることに気づきました。私になにかあったとき、家族はどうなるのか…。家族を守る為に不動産投資の道へ。実績を重ね、家賃収入はサラリーマン時代以上となり、ついに専業大家となる日を迎えます。職場の送別会に参加し、日付も超えた時間に帰宅すると「お疲れさま!」の声と共に笑顔と拍手のお出迎え!手渡された手紙には、愛情たっぷりの労いの言葉。不動産投資を始めて良かったと心から思いました。

幸せその2賃貸併用住宅だからこそ味わえる幸せ! (東京都/Kさん)

私の物件は賃貸併用住宅です。入居者の方々は「大家が同じ物件に住んでいること」を理解して入っており、入居時をはじめ、すれ違う時はいつも笑顔で挨拶を交わします。そのおかげか建物内でのトラブルは少なく、仲良く過ごしています。賃貸併用住宅はトラブル対応や騒音問題などデメリットが多いように思われがちですが、良い関係を築くことができていれば避けられることばかり。むしろ同じ建物に住んでいるからこそ、日々のコミュニケーションを通して感じられる幸せがあります。

幸せその3想いが返ってくる瞬間が幸せ (東京都/Mさん)

所有物件が人通りの少ない場所にあったため、入居者へ危ないことが無いようにTV付きインターフォンを設置するなど、防犯性を高めました。そこへ内見にきてくれた母娘が「この部屋は安心できる!」と、大家である私の目の前で部屋を誉めてくれました。その後、オーナーチェンジで購入した他の物件でも、不具合のあった火災報知器を付け直したときに「前オーナーは言っても変えてくれなかったんです。ありがとうございます」という言葉と笑顔をいただきました。入居者を想って行動したことへ反応が返ってきたとき、とても幸せな気持ちになります。

幸せその4 不動産投資が親孝行に繋がった! (東京都/Iさん)

私が最初に購入した物件は地元である京都にありました。当時は生活の拠点が東京だったので、物件管理は京都の管理会社に依頼しました。するとその話を聞いた私の母は物件が気になったらしく、毎日掃除に行ってくれるようになり、入居者に会えば笑顔で応えることから、入居者からは「お母さん」と呼ばれ、地元でもちょっとした有名人に!おかげで退去もなく満室経営が続いています。母親の健康にも良いことだと家族には喜ばれ、親孝行をしていると感じとても幸せな気持ちです。

幸せその5夫婦で力を合わせて (東京都/Eさん)

私は医師大家です。昼夜時間の許す限り物件探しや不動産投資本で勉強しています。入居者募集や物件購入等で不動産会社にも顔を出したいのですが、中々時間が取れません。そこで妻の登場です。最初は不動産投資に賛成していませんでしたが、頑張っている私を見ている内に「不動産会社の挨拶回りは私がする!」と言い、不動産会社訪問をしてくれるようになりました。おかげで不動産会社からの物件紹介や入居者案内がかなり増え満室経営に繋がっています。妻との親密度もあがり幸せな毎日を送っています。

幸せその6家族の危機を絆と不動産投資で突破! (茨城県/Aさん)

私達夫婦は共働き。子供を産んだ後もすぐに社会復帰し、子供たちは保育園に預けて勤務していました。しかし子供の喘息がひどく入院ばかりで、会社を辞めるか悩み始めた頃、収入の別の柱を増やそうと家族会議をして投資の勉強を始めました。中でも不動産投資に興味を持ち、大家業デビュー!現在は共働きを継続しながら副業として大家業を経営。副収入があるからと心に余裕が生まれ、子供と接する時間も前よりしっかりとることができるようになりました。おかげさまで子供もすくすく成長、喘息も完治しました。大家業を始めたからこそ得られた生活だと思います。

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

関連おすすめ特集

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

関連おすすめ特集

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP