地主大家が語るリフレッシュ方法とは?|賃貸経営の成功の秘訣-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
地主大家が語るリフレッシュ方法とは?|賃貸経営の成功の秘訣

こだわり大家さんのリフレッシュ自慢

シェア
ツイート
LINEで送る
01

ダイビング大家 
Sさん

独身時代、彼女ができなかったので何か有意義な時間を過ごそうと思って始めました(笑)当時は主にパラオ、ポナペ、コスラエ、シパダンなどの南の島で活動していました。中でも新婚旅行先のタヒチで潜った時の海が最高の透明度で、まるで宇宙を泳いでいるようでした。
サラリーマン時代はなかなか行くことができませんでしたが、今年リタイヤしたことをきっかけに復活。大家仲間と行った石垣島では、マンタに会うことができました。あいにくの天気で海の状況が心配されましたが、奇跡的に遭遇でき、とても嬉しかったです。ダイビング後には情報交換をしながら、美味しい料理を食べ、贅沢に過ごしました。「これからもがんばるぞ!」と気合いが入りました。

ダイビング
02

スノーボード大家 
Kさん

大学生の頃、スノーボードが広まり始めたことをきっかけに興味本位で始めて以来、ほぼ毎年滑りに行くようになりました。すぐに上手くなりたかったため、最初のシーズンでフィンランドの山に滑りに行きました。結婚後、子供が生まれるまでシーズン中は夫婦でほぼ毎週滑りに行っています。
子供が生まれてから、あまり雪の降らない地方へ転勤になりしばらく活動を休止。10年前に転勤から戻ってきて、今度は子供連れで復帰しました。いまでは家族共通の趣味となったので「子供が大きくなっても一緒に遊べるな」と一安心(笑) サラリーマン大家なので、仕事に大家業に忙しい日々を送っていますが、スノーボードは家族との時間を作るための良いきっかけになっています。

スノーボード
03

カメラマン大家 
Mさん

子供の頃はマンガを描くことが好きで、それが大人になるにつれて写真へと繋がっていきました。はじめはコンパクトカメラで撮影を楽しんでいましたが、だんだん物足りなくなってしまい、ボーナスで一眼レフカメラを購入。カメラ雑誌へ積極的に投稿し、とあるフォトコンテストでは佳作入賞しました。
カメラ技能は大家業でも生かす場面が多く、所有物件を明るく美しく撮影して入居者募集に使ってもらおうと管理会社に送ったことがあります。物件検索サイトに掲載されている物件写真を確認して、部屋の良さが上手く捉えられていないと感じたら、管理会社に撮影方法を指示することもありました。どうすれば「住みたい!」と思われる部屋に見せられるか考える際、とても役立っています。

カメラマン
04

モノポリー大家 
Hさん

モノポリーとは、アメリカで生まれた「ボードゲーム」です。参加者は他の参加者と盤上で不動産の取引をしながら自らの資産を増やしていき、最終的に他の参加者を破産させることで勝利をおさめます。世界各地で楽しまれているゲームで、日本でも「日本選手権」が開催されています。
写真は2013年12月に開催された福島での日本選手権の様子です。1999年に行なわれた日本選手権では、出場した結果、第3位まで上り詰めました。細やかな戦略を考える思考力とサイコロの目(運)で勝敗が決まるモノポリーは、一筋縄ではいきません。緊張する中でも冷静な判断を心がけ、想定していないことが起きても柔軟に対応する姿勢は普段の大家業にも通じるものがあり、挑む度に気が引き締まります。

モノポリー

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

関連おすすめ特集

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

関連おすすめ特集

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP