相続税対策をきっかけにアパート経営を始める!リフォームや孤独死のトラブルを経験|口コミ大家さん取材企画|大家さんが実体験から語る口コミ体験談-不動産賃貸経営博士-

不動産賃貸経営博士 > 口コミ大家さん > 相続税対策をきっかけにアパート経営を始める!リフォームや孤独死のトラブルを経験|口コミ大家さん取材企画|大家さんが実体験から語る口コミ体験談

※プライバシ―及び営業セールスの防止のため、当社の規定によりサングラス着用の上で撮影をさせていただいております。本人の意図するものではございません。

アパート経営のきっかけは相続税対策

―― Nさんが、大家さんになったきっかけを教えてください。

相続税で苦しんだのでやっています。
地価評価が高く、相続税を大きく払わなければならないので、貸家を作りまして、アパート経営を始めました。

―― それはいつごろですか?

平成3年ですね。

―― もう30年くらいなんですね。ちなみに所有されているアパートは、どんなものなんでしょうか?

木造で20戸です。

―― 経営の状況はいかがですか?

充足率94,95%くらいですね。

リフォームや孤独死のトラブル…、行政に頼れない法の壁!

―― なるほど!経営しているなかでトラブルはありましたか?

汚されたあと、法律的に、リフォーム代が回収できない物件があります。
今現在ひとつ困っていて、過去に12,13年住みこまれてしまって、かびついちゃってどうしようもない部屋があります。

―― いつごろ退去されたんですか?

先月に退去したんですが、リフォーム代が200万近くかかったんですよ。
バスルームもぜんぶリフォームすることになってしまいました。

もうひとつ困ったことがあって、孤独死があったんですよ。
孤独死しないようにするためにどうにか監視する方法はないのかと調べたんですがプライバシーの問題でできないようで…。

東京電力にも問い合わせたんですが駄目で。
行政には頼れないと思っています
大家向けではなく居住者向けの法律が主なので

良い街づくりに必要なこととは…

―― そうだったんですね…今後の不動産の予測をお聞かせできますか?

川崎市をみていると、空き地が全部駐車場に転換されているじゃないですか。
けんぺい率と容積率改定を大至急しないといい街づくりができないんじゃないかと感じます。

第一、4m道路をなくさない限り、良い街づくりができないんじゃないかと思います。
居住率はインターネットなどを活用する方法などがありますが、容積率が足りなければ、いくら家が建ってもしょうがないですし。
これをなくすためには、容積率改定を行って道路を広げていかないといけないと思っています。

特に川崎市の場合は人口が増えていますので、空き地をもっと活用すべきです。
保育園、老人ホームを併設したマンションアパートに対して容積緩和をするなど、そういうものを考えて、街づくりしないといけないと思っています。

―― 貴重なお話ありがとうございました!

おすすめ口コミ体験談!

口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数76
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数75
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数52
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数20
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数28
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数27
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数24
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数32
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数20
口コミ取材 口コミ大家さん

不動産賃貸経営博士 編集部

[コンテンツ記事]

気になった数18

PAGE TOP