建物登記簿とは?|不動産賃貸経営用語集 建物登記簿の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
建物登記簿とは?|不動産賃貸経営用語集 建物登記簿の意味を調べる!

建物登記簿

シェア
ツイート
LINEで送る
不動産の物理的状況と権利関係を法的に記録(登録)した帳簿のことを登記簿というのじゃ!
登記簿は土地と建物それぞれにあり、表題部と権利部(甲区乙区)に分かれており、どちらもその不動産を管轄する登記所に保管され、誰でも自由に閲覧したり、写しを入手したりすることができるのじゃ!
なお、登記簿のコンピューター化により、従来の紙への記載から電磁的記録(登記記録)へ移行しつつあり、登記簿謄本は登記事項証明書に、抄本は登記事項要約書に移行しつつあるのじゃよ!


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP