ワンルームマンション税とは?|不動産賃貸経営用語集 ワンルームマンション税の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
ワンルームマンション税とは?|不動産賃貸経営用語集 ワンルームマンション税の意味を調べる!

ワンルームマンション税

シェア
ツイート
LINEで送る
ワンルームマンション税とは、専有面積の拡大を誘導するため、ワンルームなど狭小住戸をもつマンションの建設に課税をすることじゃ!
この制度では、1戸あたりの専有面積が30m2未満の住戸が9戸以上となる集合住宅を新築するときに、1戸あたり50万円が課税されます。ただし、狭小住戸の数が8戸以下であれば全額が免除され、9戸以上になれば全戸が課税対象となるぞ!
あくまでも税金を納めるのは建築主で、入居者ではありません。建築主は、建築等の工事に着手した日から2か月以内に税金を納付しなければなりません。 東京の豊島区ではワンルームマンション税という独自の税金を設けて、ワンルームマンションの建築を抑制しているんじゃぞ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP