印紙税とは?|不動産賃貸経営用語集 印紙税の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 印紙税とは?|不動産賃貸経営用語集 印紙税の意味を調べる!

印紙税

シェア
ツイート
LINEで送る
印紙税とは、各種の契約書、受取書、証書、通帳などを作成する際に課税される国税のことをいうのじゃ!印紙税の納付方法は、課税対象となる文書に収入印紙を貼り、その収入印紙に消印を押すことにより納付します。この場合、契約等において両当事者が文書を2通作成するときにはそれぞれ印紙税を納付し、連帯して納税義務を負うことになります。
課税文書の内容、記載金額の多寡により税額が異なるのじゃな!


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP