防火地域とは?|不動産賃貸経営用語集 防火地域の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
防火地域とは?|不動産賃貸経営用語集 防火地域の意味を調べる!

防火地域

シェア
ツイート
LINEで送る
防火地域とは、建物が密集する都市部において、万一火災が起きてしまったときにできる限り延焼しないようにという目的で”都市計画法”によって定められている地域です。密集した市街地などをカバーするように制定されているのじゃ!防火地域には2種類あるぞ!

①防火地域 
階数が3階以上であり、又は延べ面積が100㎡を超える建築物は耐火建築物とし、その他の建築物は耐火建築物又は準耐火建築物としなければなりません。

②準防火地域 
地階を除く階数が4階以上である建築物又は延べ面積が1,500㎡を超える建築物は耐火建築物とし、延べ面積が500㎡を超え1,500㎡以下の建築物は耐火建築物又は準耐火建築物としなければなりません。

建築物が耐火構造や準耐火構造ではない場合には、その屋根は不燃材料で造るか、不燃材料でふくことが必要じゃ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP