競売物件とは?|不動産賃貸経営用語集 競売物件の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
競売物件とは?|不動産賃貸経営用語集 競売物件の意味を調べる!

競売物件

シェア
ツイート
LINEで送る
競売物件とは、債務不履行によって差し押さえられた不動産が、地方裁判所によって競売にかけられたもののことじゃ!
不動産の所有者が債務を弁済できなくなると、債権者は抵当権の行使(任意執行)や強制執行によって、該当物件の競売を地方裁判所に申し立て、裁判所がその物件を差し押さえて売却し、売却代金を債務の弁済に充てます。これが競売物件なんじゃな!
競売は、執行官が現況を調査し、物件の評価をした後、該当物件の所在地・最低売却価格・入札期日などを公示します。入札期間中に最高額(最低売却価格以上)で入札した人が購入でき、このことを「期間入札」というぞ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP