接道義務とは?|不動産賃貸経営用語集 接道義務の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 接道義務とは?|不動産賃貸経営用語集 接道義務の意味を調べる!

接道義務

シェア
ツイート
LINEで送る
接道義務とは、"建築物の敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない" という建築基準法第43条1項に定められた義務のことじゃ!
災害時の避難通路や消防車・救急車などに支障をきたすことがないようにということが理由じゃぞ!
なお、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物等については、特定行政庁が建築審査会の同意を得て許可したものについては、接道義務を免除することができます。
また、多数の人が出入りするような特殊建築物(学校・ホテルなど)や大規模建築物(3階建て以上の建築物など)については、防火の必要性が特に高い等の理由により、地方自治体の条例において、より重い接道義務を設けていることが多いので注意するんじゃ!


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP