斜線制限とは?|不動産賃貸経営用語集 斜線制限の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
斜線制限とは?|不動産賃貸経営用語集 斜線制限の意味を調べる!

斜線制限

シェア
ツイート
LINEで送る
斜線制限は、住宅やマンション、ビルなどの建築にあたり、都市部の密集地における日照や採光、通風などの基本的な住環境や景観を守るために定められた規制の一つじゃ! 都市計画区域内で建物を建てる時に、一定の勾配面によって高さの限度を決めた規制じゃな!斜線制限には、3種類あります。

「隣地斜線制限」
隣り合う建築物の採光や日照、通風などを確保するための制限です。高さが20mもしく31mを超える部分について隣地境界からの高さの制限を受けます。主にマンションやビルにかかります。

「道路斜線制限」
向かい合う建築物や道路面の日照・通風・開放感を確保するため建物高さを調整する制限です。

「北側斜線制限」
北側にある建築物の日照等を確保するため、北側の道路側もしくは北側の隣地側に面した建物部分の高さの制限です。

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP