隣地のマンション建築計画…内見者にはどのタイミングで告知すべき?-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 賃貸管理 > 賃貸管理 不動産会社 > 【web版】勝ち組大家さん > 隣地のマンション建築計画…内見者にはどのタイミングで告知すべき?
勝ち組大家への道【管理会社・入居者トラブル編】

隣地のマンション建築計画…内見者にはどのタイミングで告知すべき?(地域・埼玉県 )

シェア
ツイート
LINEで送る
私が所有するRC1棟マンション(5階建て)の隣に大きな倉庫があります。

その倉庫を大手不動産会社がマンション建築の為に購入しました。購入の目的は、8階建てくらいのマンションの建築だそうです。

これから倉庫の借主(3社)に対して立ち退き交渉を開始するので、来年の末まで時間がかかると言われました。

翌日、私のマンションを管理している不動産会社の方と話す機会があり、今回の件を話しました。不動産会社の方は、部屋の見学に来られた方にマンション建設の話をしたようで「お客さんは不安そうでした」と言っていました。

事開始日・期間も決まっていないどころか、これから立ち退き交渉を開始する状況なのに、見学者の方に不利な情報を話さないといけないのでしょうか?。

告知義務はあると認識はしていますが、どのような状況になれば義務が発生するのでしょうか?
Answer
過去の判例では、賃貸人になろうとする者は、賃借人になろうとする者が賃貸借契約を締結するか否かを判断する上で重要な考慮要素であって、賃貸人になろうとする者が知っていたか、容易に知り得た事実を説明・告知する信義則上の義務を負う、とされています。

そして、入居者が、一応、平穏に占有していたことを前提にすると、 …
  
石山晃成 弁護士(みなとまち法律事務所)
石山晃成 弁護士(みなとまち法律事務所)
〒231-0032
神奈川県横浜市中区不老町1-1-5 横浜東芝ビル 6階
TEL:045-226-3775/FAX:045-663-3447
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

賃貸管理
空室対策
滞納退去
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP