準都市計画区域とは?|不動産賃貸経営用語集 準都市計画区域の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
準都市計画区域とは?|不動産賃貸経営用語集 準都市計画区域の意味を調べる!

準都市計画区域

シェア
ツイート
LINEで送る
準都市計画区域は都市計画区域外で、市街化が進行すると見込まれる場合に、土地利用を規制するために設ける区域のことを指し、都道府県が指定しているのじゃ! 指定の条件としては以下があげられます。

①都市計画区域外の土地であること
②相当数の住居等の建築・敷地の造成等が現に行なわれ、または行われると見込まれること
③そのまま土地利用を整序し、保全対策を講じず放置することにより、将来における都市としての整備、開発、保全に支障が生ずる恐れがある区域

準都市計画区域を指定することの効果
①「用途地域」「特別用途地区」「高度地区」「特定用途制限地域」「景観地区」「風致地区」「緑地保全地域」「伝統的建造物群保存地区」等の地域地区を定められる。
②開発許可制度が適用される。開発の場合は都道府県知事(または市長)の開発許可が必須となります。
③建物等の新築や増改築移転(増改築移転部分の床面積が10平方メートル以内のものを除く)する場合、事前に建築確認を受けなけらばなりません

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP