第二種低層住居専用地域とは?|不動産賃貸経営用語集 第二種低層住居専用地域の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
第二種低層住居専用地域とは?|不動産賃貸経営用語集 第二種低層住居専用地域の意味を調べる!

第二種低層住居専用地域

シェア
ツイート
LINEで送る
主に低層住宅の良好な住環境を守るための地域の事じゃ!
この用途地域では、建ぺい率の限度は30%から60%の範囲内(10%きざみ)で都市計画で指定され、容積率の限度は50%から200%の範囲内(6種類)で都市計画で指定されるぞ!
また良好な住環境を確保するため、建築物の高さが10m(または12m)以下に制限されていることがこの用途地域の大きな特徴じゃ!これを「絶対高さの制限」というのじゃ!なお制限が10m・12mのいずれになるかは都市計画で定められているぞ!
この地域では、住宅・共同住宅、老人ホーム・保育所など、居住施設及びそれに関連する施設以外の建築は著しく制限されているが、150㎡以内の店舗・飲食店などに限り建築ができるのじゃ!


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP