不動産特定共同事業法とは?|不動産賃貸経営用語集 不動産特定共同事業法の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
不動産特定共同事業法とは?|不動産賃貸経営用語集 不動産特定共同事業法の意味を調べる!

不動産特定共同事業法

シェア
ツイート
LINEで送る
不動産特定共同事業法は、1995年(平成7年)4月に不動産特定共同事業の健全性や透明性を確保するため、投資家保護を目的として施行されたんじゃ!
例えば、匿名組合契約により投資家から出資を受け、その出資金をもって現物不動産を取得し、その現物不動産の売買等の取引から生じる利益を投資家に分配する場合、不特法に基づき原則として不動産特定共同事業の許可を受ける必要があります。 同法に基づく事業を行うためには、原則として、国土交通大臣等又は都道府県知事の許可を受ける必要があり、この許可を受けるための要件を満たす必要もあるんじゃぞ!


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP