二重床工法とは?|不動産賃貸経営用語集 二重床工法の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
二重床工法とは?|不動産賃貸経営用語集 二重床工法の意味を調べる!

二重床工法

シェア
ツイート
LINEで送る
二重床工法とは、マンションなどの防振・遮音・断熱(防寒)を高めるため、床スラブの上に直接カーペットやフローリングを張るのではなく、間に緩衝材を入れて床板の間に空間をつくるものじゃ!
二重床工法には、角材を均等に並べて床材を乗せる「根太床工法」、防振ゴム付きの支持ボルトで支える「置き床工法」、主要構造部と絶縁することで音の伝搬を遮断する「浮床工法」などがあります。「浮床工法」が最も遮音性が高いといわれていますが、建築コストも高くなります。 分譲マンションで説明される「二重床」は「置き床工法」が主流で、床の間(天井の間)に配管や配線を通してメンテナンス性を高めているんじゃぞ!


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP