ルームシェアとは?|不動産賃貸経営用語集 ルームシェアの意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
ルームシェアとは?|不動産賃貸経営用語集 ルームシェアの意味を調べる!

ルームシェア

シェア
ツイート
LINEで送る
ルームシェアは一つの住居を複数人で共有して暮らす賃貸物件のことで、共同住宅ならではの「共有」と「交流」を楽しめる住まいの形じゃ!「ルームシェア」と「シェアハウス」は、「複数の人と一緒に住む」という点では同じですが、住居形態が異なるぞ! ルームシェアは、1つの部屋を複数の人間で共有する居住形態になります。一方、シェアハウスは一軒家などの1つの住宅を複数人で共有して暮らすスタイルです。そのため、住人それぞれに鍵付きの部屋が割り当てられているんじゃ!
そして、住人の数も異なります。ルームシェアは部屋を借りて共有する形態のため、多くても5名程度です。シェアハウスは家をシェアするため、数名程度から時には100人以上になり、規模が大きいです。新しい入居者を探す場合、ルームシェアは住人が募集や審査を行いますが、シェアハウスでは運営する事業者が募集や審査を行うのが一般的です。このように両者は似ていても実際は大きく違うんじゃな~!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP