サービス付き高齢者向け住宅とは?|不動産賃貸経営用語集 サービス付き高齢者向け住宅の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > サービス付き高齢者向け住宅とは?|不動産賃貸経営用語集 サービス付き高齢者向け住宅の意味を調べる!

サービス付き高齢者向け住宅

シェア
ツイート
LINEで送る
サービス付き高齢者向け住宅とは、安否確認や生活相談など高齢者を支援し、サービスを提供するバリアフリー構造の賃貸住宅のことじゃ!介護サービスや、生活支援(買い物の代行や病院への送迎)などのサービスも受けることができるぞ!
有料老人ホームとの違いは、契約形態にあります。有料老人ホームの多くは利用権方式を採用しています。これは、入居の際に一時金を支払い、終身にわたり居室と共用施設を利用する権利と、介護や生活支援サービスを受ける包括的なサービスケアを提供される施設となります。権利が保障される契約形態です。
サービス付き高齢者向け住宅は、居住の権利が保障された上で、サービスは選択制で利用する賃貸住宅と言えます。つまり、住まいとサービスケアは別ということじゃ!


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP