積算法とは?|不動産賃貸経営用語集 積算法の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
積算法とは?|不動産賃貸経営用語集 積算法の意味を調べる!

積算法

シェア
ツイート
LINEで送る
積算法は、不動産の鑑定評価方式である原価方式のうち、賃料を求める手法のことをいうのじゃ! 他に、「収益還元法」で物件価値を評価する方法もあります。
土地と建物それぞれの担保評価に即して価値を測るんじゃな!土地は路線価をもとにいくらの価値があるのか、建物は「その物件を再調達(再建築)したらいくらかかるのか」という再調達原価に調整を加えて計算し、それらの合計がその物件の価値ということになります。この手法で求めた価格を「積算価格」といいます。計算は下記の通りじゃ!

積算価格
= 土地の価値 + 建物の価値
= (路線価×土地面積) + (新築価×(残存法定耐用年数/法定耐用年数)×延床面積)

路線価
ある道路に面している土地が、平米あたりいくらの価値を持つか、という指標の1つです。

新築価
新しく同じ建物を立てると仮定したとき、床面積あたりいくらかかるのか、という指標です。

残存法定耐用年数
法定耐用年数から築年数を引いた値です。 築年数は、建物が作られてから何年経過を指します。 年数が経つほど、価値が減少したとみなされます。

延床面積
建物の延床面積です。

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP