借地権とは?|不動産賃貸経営用語集 借地権の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
借地権とは?|不動産賃貸経営用語集 借地権の意味を調べる!

借地権

シェア
ツイート
LINEで送る
借地権とは、「第三者の土地を借りて、その土地に自分の家や建物を建てられる権利」のことじゃ!借地権のある土地に建てられた建物の場合、土地は地主のものですが、建物は住んでいる人のものということになります。 借地権には大きく分けて「普通借地権」と「定期借地権」があるぞ!

普通借地権
契約満了時に、更新を拒否する正当な事由が地主の側になければ、借地人の希望によって契約は更新することができる権利のことです。借地権の存続期間は当初30年とし、更新第1回目は20年、以降は10年となります。また、契約終了時に借地人が建てた建物が残存している場合は、地主に建物買取を請求できます。

定期借地権
定期借地権は、決められた期間内のみ土地を貸し出す借地権です。期間満了後に、借地人は土地を更地にして地主に返還しなければなりません。返還の時期が読めない旧法での借地権に不満を持った地主側の主張により、新たに設けられた制度です。

定期借地権には、さらに①一般定期借地権、②建物譲渡特約付借地権、③事業用定期借地権の3種類があるのじゃ!

①一般定期借地権
借地権の存続期間を50年以上とし、借地期間満了時に契約更新、建物の買取請求をしないことなどを定めます。また、借地権者は建物を取り壊し、更地にして地主に返還しなければなりません。

②建物譲渡特約付借地権
借地権の存続期間を30年以上とし、契約期間終了後、地主が建物を買い取る契約の借地権です。マンションなどの多くは、この借地権契約の対象になります。契約期間が満了し、建物が譲渡された後に借地人が引き続き居住を希望する場合は、一般的に建物の借家契約を結びます。

③事業用定期借地権
事業用の建物所有を目的とする定期借地権です。10年以上50年未満の期間で契約を結びます。借地契約終了後は、更地で返還されます。土地を購入する必要がなく、ローコストで事業活動を展開できる利点もあります。

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP