少額訴訟制度とは?|不動産賃貸経営用語集 少額訴訟制度の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
少額訴訟制度とは?|不動産賃貸経営用語集 少額訴訟制度の意味を調べる!

少額訴訟制度

シェア
ツイート
LINEで送る
少額訴訟とは、1回の期日で審理を終えて判決をすることを原則とする、簡易裁判所で行う特別な訴訟手続じゃ! 60万円以下の金銭の支払を求める場合に限り、請求金額が少額の場合利用することができます。訴訟の途中で話合いにより和解することもでき、判決書又は和解の内容が記載された和解調書に基づき、強制執行を申し立てることができます。 ただし、相手方が異議を出した場合通常訴訟に移行してしまう場合があり、少額訴訟での判決は効果が無くなります。その後は一ヶ月に一回程度の期日をかさねて、だいたい半年から8ヶ月程度の訴訟手続きに従ってすすめていかなければなりません。 弁護士に依頼せざるを得なくなり、費用もかさむ結果にもなりかねないのじゃな~!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンから出る異臭(臭い)を抑える簡単なやり方とは?大家さんでもできる異臭対策!-ダイキン工業株式会社-
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP