事業受託方式とは?|不動産賃貸経営用語集 事業受託方式の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
事業受託方式とは?|不動産賃貸経営用語集 事業受託方式の意味を調べる!

事業受託方式

シェア
ツイート
LINEで送る
土地所有者とデベロッパー、ハウスメーカーとの共同事業の一形態のことじゃ! 不動産開発会社などの事業者が、土地の持ち主のパートナーになり、土地活用をどのように活用すれば効果的か、どんな建物を建てるかなど、調査から計画、管理まで一貫してお任せできるんじゃな!
知識や経験の少ない土地所有者には、面倒な管理などが省けるメリットがありますが、代理委託ということから「事業受託費用」というのが発生します。
この方式でマンションなどを建設する場合、賃貸運営のリスクを軽減するために業者が一括で各住戸を借り上げて入居者に転貸する「一括借上げ(サブリース)方式」をあわせて採用することが多いです。しかし、サブリースを起用した場合、一括賃料で安定期といっても賃料が引き下げられたり、リフォーム費用を要求されるケースなど後々トラブルが生じることもあるので要注意なのじゃ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP