オーナーチェンジとは?|不動産賃貸経営用語集 オーナーチェンジの意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > オーナーチェンジとは?|不動産賃貸経営用語集 オーナーチェンジの意味を調べる!

オーナーチェンジ

シェア
ツイート
LINEで送る
オーナーチェンジ物件とは、入居者がいる状態で取引される物件のことじゃ!
入居者の賃借権、賃貸借契約の内容は引き継がれるので、引き続き入居したままとなります。オーナーチェンジ物件の最大の魅力は入居者がすでに入っている状態で物件を取得できるため、購入したオーナーはすぐに家賃収入を得ることができる点です。入居者がいるということは入居者の人が満足する条件であるということであるため、ある程度条件が整った物件であることが多く、満室で入居している一棟ものアパートであればリフォームが不要なことも多くなるのじゃ!

次に、買主は売主(賃借人)が入居者(賃借人)に対して以下のような義務の一切を引き継ぎます。
①建物を使用させる義務
②建物を修繕する義務
③退居時の敷金返還義務
④使用者責任(民法第717条)

下記はオーナーチェンジ物件を取引するデメリットじゃぞ~!
①売却理由を確認する必要がある
②審査を自分でできない
③家賃を自分で決めることができない
④内見ができない状態で購入を決断しないといけない
⑤購入後すぐにリフォームができない


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP