ハザードマップとは?|不動産賃貸経営用語集 ハザードマップの意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
ハザードマップとは?|不動産賃貸経営用語集 ハザードマップの意味を調べる!

ハザードマップ

シェア
ツイート
LINEで送る
ハザードマップとは、避難所や災害が起こりうる可能性のある場所を地図上に可視化したものじゃ!被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図で、防災マップ、被害予測図、被害想定図、アボイド(回避)マップ、リスクマップなどと呼ばれているものもあるぞ!
危険箇所や災害が発生しうる場所などをあらかじめ知っておくことで防災に役立てることができます。たとえば、地形の情報から近所の川が氾濫した場合、浸水場所を地図上で明示的に表示することにより、自分の家に危険が及ぶかどうかを事前に知ることができます。また、自宅近隣の避難所などをあらかじめ知っておけば、実際災害が発生したときにどこへ避難すれば良いのか、どこで家族や知り合いと待ち合わせれば良いのかなどの対策を立てることができるんじゃな!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP