不動産取得税とは?|不動産賃貸経営用語集 不動産取得税の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
不動産取得税とは?|不動産賃貸経営用語集 不動産取得税の意味を調べる!

不動産取得税

シェア
ツイート
LINEで送る
不動産取得税とは、売買・贈与で不動産を取得したとき、また新築・増築したときに都道府県が課税する地方税のことじゃ!家を買う場合は「土地」と「建物」それぞれにかかるんじゃな!税額は土地・建物の固定資産税評価額に税率をかけて計算され、原則的に「不動産の固定資産税評価額の4%」とされています。不動産取得税の納税方法については、取得後6ヶ月~1年半くらいの間に各都道府県から届く「納税通知書」を使用して金融機関で納付します。
なお、一定の要件を満たす「住宅の建物部分」や一定の要件を満たす「住宅用土地」については、不動産取得税の税額そのものの大幅な軽減措置が設けられているぞ!中古の場合は建築された時期によって控除額が異なるのじゃ!また、相続で不動産を取得した場合は不動産取得税はかからないことになっているぞ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP