日本住宅性能表示基準とは?|不動産賃貸経営用語集 日本住宅性能表示基準の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
日本住宅性能表示基準とは?|不動産賃貸経営用語集 日本住宅性能表示基準の意味を調べる!

日本住宅性能表示基準

シェア
ツイート
LINEで送る
日本住宅性能表示基準とは、新築住宅を対象に住宅性能を評価するため、国土交通大臣が定めた基準のことじゃ!
住宅性能表示制度は「設計住宅性能評価」と「建設住宅性能評価」の2種類あります。「設計住宅性能評価」は、住宅を建てる以前の評価を受けるため、設計段階の評価を知ることが可能なんじゃ!
「建設住宅性能評価」は、住宅の建設が始まってからの評価を受けます。建設過程の評価されます。住宅性表示制度を受けることによって、さまざまなメリットを得ることができます。住宅性能表示制度を受けている住宅は、「住宅ローンの金利」が優遇され、「地震保険料」の割引を受けることが可能じゃ! 日本住宅性能表示基準には、下記の10個の評価基準があるぞ!

1)構造の安定
2)火災時の安全
3)劣化の軽減
4)維持管理への配慮
5)温熱環境
6)空気環境
7)光・視環境
8)音環境
9)高齢者等
10)防犯対策

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP