二重天井とは?|不動産賃貸経営用語集 二重天井の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
二重天井とは?|不動産賃貸経営用語集 二重天井の意味を調べる!

二重天井

シェア
ツイート
LINEで送る
二重天井は、防音・遮音性を高めるために、コンクリートに直接床や天井を張らずに空間を取り、上下に床板や天井板を張る構造のことじゃ!
また、床下の空間に給排水管を通したり、天井裏に電気配線を自由に組み替える設置ができるます。コンクリートに直接埋めるのではなく、空間に配置することで専有部分の改修や取り替えがしやすくなり、リフォームがしやすいメリットもあるぞ!
マンションの多くで採用されている鉄筋コンクリート造では、躯体は鉄筋コンクリートでつくられていますが、コンクリートの天井(天井スラブ)と床(床スラブ)の内側に防振ゴムを配置させることで空間をつくり、木や鉄製の下地材で覆っています。


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP