リロケーションとは?|不動産賃貸経営用語集 リロケーションの意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
リロケーションとは?|不動産賃貸経営用語集 リロケーションの意味を調べる!

リロケーション

シェア
ツイート
LINEで送る
リロケーションとは、転勤者の留守宅を留守期間限定で賃貸管理する業務形態のことをいいうのじゃ!
1992年の借地借家法で「期限付借家権」が創設され、2000年には「定期借家権」が導入されたことで、転勤者は期限付きで自宅を賃貸住宅にすることが可能になりました。その後、転勤者が安心して持ち家を貸せるようになり、転勤者の留守宅管理を指す用語として広く使われるようになったんじゃ!
現在ではリロケーションを専門とする会社もあり、リロケーション市場も拡大しているぞ!借りる側にとっては、5年定期借家であれば、5年後の更新はできませんが、2年毎の更新料がいらないというメリットもあり、賃貸物件の1タイプとして認識されてきています。

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP