相続税とは?|不動産賃貸経営用語集 相続税の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
相続税とは?|不動産賃貸経営用語集 相続税の意味を調べる!

相続税

シェア
ツイート
LINEで送る
相続税とは、相続が発生したときに課せられる国税じゃ!
例えば、両親が亡くなる、あるいは遺言によって相続財産を受け取った場合に、遺産総額の多寡に応じて相続税がかかることになります。ただし、相続があったからといって必ずしも申告や納税が必要となるわけではありません。その理由は、相続税には「基礎控除額」というものがあるからじゃ!
相続税の制度では、課税価格(遺産総額から借金や葬式費用を引いたもの)が、この基礎控除額を上回らない限りは、原則として申告の必要はありません。 基礎控除額は、以下の算式で求められるぞ!

「基礎控除額」=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

ここでいう、「法定相続人の人数」とは、基本的には、以下の手順で数えられます。
・配偶者(夫または妻)は常に法定相続人
・子がいれば、子が法定相続人(養子は最大2名まで法定相続人に加算)
・親よりも子が亡くなっていれば、孫が法定相続人
・子がいなければ、父母が法定相続人
・子も父母もいなければ、兄弟姉妹が法定相続人

例えば、被相続人が亡くなったときに、配偶者と子2人が残されたとすると、法定相続人は3人になります。そうすると、基礎控除額は3,000万円+(600万円×3人)と計算し、4,800万円となります。つまり、少なくとも4,800万円以上の財産を遺していなければ、相続税はかからないということじゃ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP