定額法・定率法とは?|不動産賃貸経営用語集 定額法・定率法の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
定額法・定率法とは?|不動産賃貸経営用語集 定額法・定率法の意味を調べる!

定額法・定率法

シェア
ツイート
LINEで送る
減価償却資産の償却費計算方法には定額法と定率法とがあるが、不動産(建物)では定額法によって計算をすることが原則じゃ!

(1)定額法 定額法は、耐用年数の期間中、「毎年決まった金額を減価償却」する減価償却の方法です。1年目から最後の年まで減価償却率は変わりません。計算方法は「取得価額×定額法の償却率」となっています。

(2)定率法 定率法は、耐用年数の期間中、初期は減価償却費が多く計上される一方、「年が経過するにつれて償却率が減っていく」減価償却の方法です。計算方法は「未償却残高×定率法の償却率」となっています。 定額法と比べて初期の利益が圧迫されやすいデメリットはありますが、早い段階から多額の減価償却費を計上できるため、おもに「節税対策」として選ばれることが多いようじゃ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP