イールドギャップとは?|不動産賃貸経営用語集 イールドギャップの意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > イールドギャップとは?|不動産賃貸経営用語集 イールドギャップの意味を調べる!

イールドギャップ

シェア
ツイート
LINEで送る
「イールド」とは英語で「利回り」という意味があり、「イールドギャップ」を訳すと「利回りの相違」という意味です。
表面利回りと不動産投資ローンの金利との差分をイールドギャップというのじゃ! イールドギャップは表面利回りよりも実情に即していることから、対象物件の収益性を判断するのに適切な指標として評価されています。この数字が低すぎると、将来的に家賃が下がったり、ローンの金利が高くなった場合、赤字になるリスクがあります。 "どれくらいの収益が生まれるか"を物件購入の重要な判断として投資家は見極める必要があるのじゃな!

実質利回り
家賃収入から諸費用(固定資産税、火災保険料、建物管理や賃貸管理費、修繕積立金等)を引いた額を、購入価格から購入時の諸経費を引いた額で割り出した指標のこと。


不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP