消費者契約法とは?|不動産賃貸経営用語集 消費者契約法の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
消費者契約法とは?|不動産賃貸経営用語集 消費者契約法の意味を調べる!

消費者契約法

シェア
ツイート
LINEで送る
消費者契約法とは、消費者と事業者との間の情報の質と量、および交渉力の圧倒的格差を考慮して、事業者の一定の行為により消費者が"誤認または困惑"した場合に消費者が契約の申し込みまたは受諾の意思表示を取り消すことができる権利のことを指すのじゃ! 契約に基づいて生じる責任を、そのまま消費者に負わせることが適当でない場合が生じた際、契約の成立過程や契約条項について、消費者が契約の効力の一部又は全部を否定できるように定められたのが消費者契約法なんじゃな!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP