賃貸契約締結直後にキャンセル!申込者からの契約金返金申し出、どこまで応じるべきか? 【勝ち組み大家への道- 空室対策・契約トラブル編】-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
賃貸契約締結直後にキャンセル!申込者からの契約金返金申し出、どこまで応じるべきか? 【勝ち組み大家への道- 空室対策・契約トラブル編】
勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】

契約締結後のキャンセルで、契約金の返金はどこまで応じるのか?(地域・千葉県 )

シェア
ツイート
LINEで送る
 この度、不動産仲介会社さんより入居希望者を紹介され、6月の入居予定で、契約の手続きを済ませました(契約書の署名・捺印、契約金の受領(敷金・前家賃)、不動産会社への広告料の支払い)。

 その後、入居予定日前に借主さんからキャンセルしたいと連絡があり、契約金(全額)の返金を求められました。

 このような場合は全額返金するべきなのでしょうか?よろしくお願いします。
Answer

通常の明渡予告による解約として考える

 契約が成立している以上、返金の必要はありません。契約成立後、直ちに、明渡予告があったものとして、取り扱うべきです。

 仮に、契約の解除を認めるとしても、広告料、他の借り主を募集することができなか …
元橋 一郎 弁護士(神田お玉ヶ池法律事務所)
元橋 一郎 弁護士(神田お玉ヶ池法律事務所)
〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-11-7 ラ・アトレ岩本町3階
TEL:03-3864-3677/FAX:020-4664-8868
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP