事業的規模とは?|不動産賃貸経営用語集 事業的規模の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
事業的規模とは?|不動産賃貸経営用語集 事業的規模の意味を調べる!

事業的規模

シェア
ツイート
LINEで送る
不動産における事業的規模(5棟10室基準)とは、一戸建て住宅、アパート、マンションなどの集合住宅に対する税務署の住宅規模の目安じゃ!主に「5棟10室基準」を事業的規模とみなされるんじゃな!
例えば、アパート1棟を経営して不動産所得を得ている場合、10室以上であるアパートであれば「事業的規模」、10室未満のアパートであれば「事業的規模以外」としてみなされます。もし、この基準に達していない場合でも、他の不動産収入を合算したり、収入規模が非常に大きいなど、総合的に事業的規模とみなされるケースもあるようじゃ! 青色申告では、「事業的規模」として認められたら、最大65万円の青色申告特別控除を受けることが可能です。また、事業的規模として認められていると家族に対して支払う給与を「経費」として扱うこともできるため、より節税できることになります。

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP