旗竿地とは?|不動産賃貸経営用語集 旗竿地の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
旗竿地とは?|不動産賃貸経営用語集 旗竿地の意味を調べる!

旗竿地

シェア
ツイート
LINEで送る
旗竿地とは、袋地から延びる細い敷地で道路(公道)に接するような土地をいい、その形が竿のついた旗に似ていることから旗竿地と呼ばれているんじゃ! 建築基準法では、住宅の建物の敷地は、2m以上道路に接するように接道義務が定められていますが、その基準を最低限度満たした土地で、公道からのアクセスの不便さ、周囲すべてを隣地に囲まれているという敷地環境から、比較的低い地価水準などが特徴とされています。 敷地環境上、採光や通風が悪くなりがちです。この問題を解決するために、旗竿地に建てられている建物には、リビングを2階に設けたり、天井近くに大きな窓を設けたりなど工夫を凝らしているようじゃ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP