違反建築物とは?|不動産賃貸経営用語集 違反建築物の意味を調べる!-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
違反建築物とは?|不動産賃貸経営用語集 違反建築物の意味を調べる!

違反建築物

シェア
ツイート
LINEで送る
建築基準法や都市計画法などに定められている規定に違反している建築物のことを指すのじゃ!例えば、建ぺい率超過、各種斜線制限の違反、接道義務違反などの違反が挙げられます。建築後の増改築工事や用途変更などによって規定に適合しなくなった場合も「違反建築物」であることに変わりはありません。
ただ、建築当時には各種の規定に適合していたものの、その後の法令改正などにより現在は適合しない状態になったものを「既存不適格建築物」といい、違反建築物とはいわないのじゃ!
特定行政庁は、違反建築物を発見した場合には、建物の取り壊し、改築、修繕、使用禁止などの是正命令を出し、違反事実を公示できます。また緊急の場合は、特定行政庁が任命した建築監視員が工事施工の停止を求めることもできるのじゃ!

賃貸経営博士の関連記事

不動産用語は分かりにくい言葉が沢山あります!
これで勉強してスムーズな賃貸経営を行おう!

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

新着特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP