時代変われど失ってはいけない商売の基本とは?~新築 集合住宅の塗装工事費の割合について~|原島塗装店 原島

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 時代変われど失ってはいけない商売の基本とは?~新築 集合住宅の塗装工事費の割合について~

時代変われど失ってはいけない商売の基本とは?~新築 集合住宅の塗装工事費の割合について~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

修理・補修 原島塗装店 原島

東京の私立高校卒業後、調理師学校へ行き、国家資格所得の後に そば・うどん屋の職人となる。 その後、不動産会社にて賃貸営業を経験。 父親が経営する、原島塗装店に入店し、現在21年目。 3年前に父親と代表を交代。 現在に至る。創業38年。

塗装業の営業と職人歴21年!
同業者や一般ユーザー向けの講演も行う。心の底から応援したくなる大家さんプロジェクトも始動。
セルフペイント等の役立つ情報を公開していきます。 国家資格の一級塗装技能士所持。

【前回までのあらすじ】
訪問販売営業のプロではなく、訪問される販売営業のプロを目指す逆転の発想は、どんな思いで成し遂げるのか?
失敗から学ぶ事や、倒れても立ち上がる方法、これは将来の糧にしなければ。

物売りではない塗装工事を売るのに最も大切な事

建物の塗装工事費用が、高額である事は前章(塗装専門工事業よりリフォーム業者へ依頼される現実にぶつかる ~埼玉の塗装屋が訪問される営業を目指す~)でも触れましたが、そんな高額な買い物をする際に、営業に来た方を信用しすぎるあまり、慎重さを欠いてしまいトラブルが起こったりします。
 
私が心がけていた事は、「お客様の不安要素を取り除く」と言った事であります。
その走りとしては、チラシや冊子のポスティングで、全くの成果があがらなく、訪問販売営業ではなく、訪問される営業を目指しておりましたが、次ぎの媒体で多くの問い合わせを頂く事が出来ました。
 
その媒体とは?
 
電話帳広告、タウンページです。
 
零細企業ですから、タウンページ1ページ全体で年間100万~200万の捻出無理ですが、名刺サイズの枠でも十分なくらいでした。

その枠で何をしたかと申しますと、私の顔写真を入れたのです。

文字やイラストの広告が多い中、カラーで自分の顔を入れて「私が伺います!」と作成したところ、その年で約20件のご縁を頂く事が出来ました。

工事終了後「なぜ、うちに問い合わせして下さったのですか?」とお聞きしたところ、多くのお客様は、「誰がうちに来るのか、顔を見れたから、安心でした」と言うお話しだったのです。
 
お客様が初めて、電話で問い合わせするのは、確かに勇気や不安はつきものです。
 
この言葉を自分の自信にして、たまたま偶然に次の媒体に出会う事となりまして、より直接お客様と繋がるスタイルを確立して行く事となりました。

その媒体に触れる前に、少し塗り替えの豆知識をお話しさせて頂きます。
 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年11月23日 (公開日:2017年7月12日)

原島塗装店 原島の記事

空室対策の記事

空室対策の新着記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP