「火災保険リフォーム」利用で大家さんが行わなければいけない申請|アイプロ株式会社 代表取締役 森 幸夫

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 「火災保険リフォーム」利用で大家さんが行わなければいけない申請

「火災保険リフォーム」利用で大家さんが行わなければいけない申請

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

その他識者 アイプロ株式会社 代表取締役 森 幸夫

埼玉県でリフォーム会社を営んでいる森幸夫と言います。助成金・損保の有効活用で低コストでリフォームができるご提案を行っております。火災保険は、今現在入っている保険の有効活用です。自然災害で屋根等が壊れた場合、保険が適用できます。

最近、悪徳業者が増えております。最近の事情をお話しします。

火災保険金とお見舞金の違い!

「火災保険リフォーム」という言葉がここ最近、よく聞かれるようになりました。

元々、火災保険の火災保険金で、被災の箇所を直せることは、当然のことでした。
ただ、「申請」が一般の消費者は難しかったのが事実です。


何故かというと、屋根のどこがいつ壊れたのかがよくわからなかったからです。
更に、「申請」でのハードルがあるのが、その壊れた箇所(被災箇所)についての
直す見積書を業者に依頼しなければならなかったことが、「申請」を難しくしていた理由です。


以前にもお話ししたことですが、「申請」に必要なことは

①「いつ被災したのか?」
②「その写真を撮影する」
③「その被災箇所の見積もりを業者に依頼する」


上記の3点が必要です。と、保険会社から言われます。

まず、①いつ被災したのか?一般の消費者がいつ???わかりますか?ということです。
勿論、②の写真ですが、危険極まりない屋根に一般の消費者が登れるでしょうか?百歩譲って
登れたとしても、被災した箇所(壊れた箇所)がわかるのでしょうか?


疑問はまだま続きます。それが最後の、③です。被災した箇所の直す見積もり。この見積もりをしてくれる業者をどのようにして調べてお願いするかです。当社のように調査等を熟知した業者であればよいのですが、一般のリフォーム業者では果たしてわかるのか?疑問です。

以上のことから、中々、「申請」ができませんでした。

ただ、最近は、「火災保険リフォーム」という言葉もできたくらい、浸透してきました。

お客様自身が、知っていることが多くなりました。そこで気を付けなければいけないことが

あります。

それは、次回です。それでは、また。

 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月17日 (公開日:2017年6月8日)

アイプロ株式会社 代表取締役 森 幸夫の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP