ストーカーからの防犯対策として女性入居者に室内カメラを提案|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←不動産賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 防犯カメラで物件の資産価値向上&女性入居者に選ばれる賃貸へ

防犯カメラで物件の資産価値向上&女性入居者に選ばれる賃貸へ

シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

ストーカーからの防犯対策として女性入居者に室内カメラを提案

昨今、女性入居者が夜に帰宅したときに犯罪者に待ち伏せされ、被害に遭ったというケースが増えています。

ストーカーによる待ち伏せもありますが、それだけでなく強盗や変質者による待ち伏せも実際に起きています。

待ち伏せされた場合、部屋に入った瞬間に拘束されてしまう為、助けを呼ぶこともできず、目撃者や救援も全く期待できない、絶望的な状況になってしまいます。

そういった状況を事前に防ぐことが一番重要で、屋外に防犯カメラを設置することで、敷地への侵入そのものを抑制することができます。

ガラスや錠前を強化することで、物理的に侵入が困難になります。

それでもストーカーや変質者はお構いなしに侵入してくることがあります。

ストーカーや変質者による待ち伏せを回避するためには、女性が帰宅前にスマートフォンで玄関や室内の様子を映像でチェックできれば確実です。

ただし、室内に賃貸物件のオーナーが防犯カメラを設置することは、入居者に「見られているのでは」と思われてしまう為、逆効果です。

現在は、家電量販店やネットショップで「スマカメ」など、1万円以下で購入できるカメラがあります。

室内におくことで、侵入があった時にスマートフォンにお知らせが来たり、帰宅前に室内の様子をスマートフォンで見ることができます。

難しい設定も必要ないため、女性入居者に購入を案内することも安心感につながることと思われます。
 
 

更新日:2018年4月24日 (公開日:2017年5月12日)

シェア
ツイート
LINEで送る

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP