防犯カメラで物件の資産価値向上&女性入居者に選ばれる賃貸へ|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 防犯カメラで物件の資産価値向上&女性入居者に選ばれる賃貸へ

防犯カメラで物件の資産価値向上&女性入居者に選ばれる賃貸へ

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

賃貸物件での女性の一人暮らしは、犯罪者のターゲットになることも多く、女性入居者に安全な暮らしを提供することは物件の資産価値を大きく向上させることに繋がります。

昨今の犯罪者の手口を知ることで、所有物件の防犯上の問題を把握し、対策の糸口がつかめます。

プロが教える!犯罪者が狙う賃貸物件のチェックポイント

賃貸物件では明らかに女性を狙った事件というものがしばしば発生します。

なぜ犯罪者が女性を狙うかと言えば「女性の方が非力でリスクが少ない」「性的興味」の2つに理由が絞られます。

例えば空き巣押し込み強盗は、女性相手なら犯行も逃走も容易だと考え、下着泥棒は好みの女性を見つけると後を付けていき、女性の部屋を明らかにしたうえで繰り返し盗みを働きます。


犯罪者は「カーテンの模様が女性的」「洗濯物に女性用の下着しかない」「窓の外から見える場所にぬいぐるみが沢山ある」などを基準に、女性が単独で入居しているかどうかを判別しています。

ただし、女性の一人暮らしであることが確定しても、それだけでは犯行は実行されません。

犯行は「侵入が容易」かつ「目撃情報が残らない」という条件が揃った時に、実行率が飛躍的に上がります。

侵入が容易かどうかは建物の構造や状況で判断されます。

例えば敷地が高い外壁でおおわれていたり、木が茂っていて外から見通しがきかない場所は、一見安心感がありそうな感じがしますが、犯罪者からすると侵入・犯行を目撃されにくいチャンス物件と見なされてしまいます。

また、清掃がしっかりされていなかったり、敷地内にゴチャゴチャものが置いてあったりすると、管理意識が低く、人の目が行き届いていない場所として「侵入容易」の判断をされてしまいます。

泥棒は郵便ポストもチェックしています。
郵便物が溜まっている部屋は「不在がち」「意識が低い=防犯にも意識が行き届いていない」と見なされ、空き巣のターゲットになってしまいます。
 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月15日 (公開日:2017年5月12日)

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP