警察庁データから見る賃貸物件での犯罪情勢|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 警察庁データから見る賃貸物件での犯罪情勢

警察庁データから見る賃貸物件での犯罪情勢

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

賃貸物件において、入居者が犯罪被害に遭うことは治安の低下や退去率の向上のリスクが高まる為、物件の防犯力は物件の資産価値に直結してきます。

防犯の第一歩は「犯罪者の狙いや手口を知ること」です。
ここでは警察庁の「住まいる110番」の統計データをもとに、近年の泥棒の狙いと手口を探っていきたいと思います。

1、イメージと違う?泥棒の実際の狙い

泥棒の狙いや手口を知る為には、実際の被害事例や統計データに基づくことが最も確実です。

そして実際の統計データは、普段我々がイメージしていることと大きく異なる事実を占めることが多々あります。

警視庁「住まいる110番」には侵入窃盗の最新の統計資料が公開されており、そのデータによると、主要な数値は以下のようになります。

侵入窃盗全体件数・・・76,477件(全国/2016年年間)
1位 戸建て住宅・・・41.2%
2位 事務所・・・13.0%
3位 共同住宅(3F以下)・・・11.9%
4位 共同住宅(4F以上)・・・4.6%


被害発生場所で共同住宅は上位に位置付けられており、3F以下・4F以上の両方を足して「共同住宅全般」という括りにすると、戸建て住宅に次ぐ第2位の割合になります。

そして、一般的には泥棒は低層階、特に1Fを狙う、高層階は安全というイメージがありますが、上記の統計からすると、3F以下の被害発生率と4F以上の被害発生率はせいぜい1:2程度の比率でしかありません。

3F以下の低層階が被害に遭いやすいことはその通りですが、4F以上でもかなりの割合で被害が発生しており、決して油断できる状況ではないことが分かります。

つまり、あらゆる建物のなかでも共同住宅は泥棒に狙われやすく、特に低層階での被害が多いが、高層階の被害が決して少なくはないことに気を付ける必要があります。
 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月16日 (公開日:2017年10月9日)

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP