不動産の資産価値を上げる低コスト防犯対策~泥棒の窃盗・ピッキング被害を未然に防ぐ防犯グッズ~|不動産オーナー必見の防犯対策|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←不動産賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 不動産の資産価値を上げる低コスト防犯対策~泥棒の窃盗・ピッキング被害を未然に防ぐ防犯グッズ~|不動産オーナー必見の防犯対策

不動産の資産価値を上げる低コスト防犯対策~泥棒の窃盗・ピッキング被害を未然に防ぐ防犯グッズ~|不動産オーナー必見の防犯対策

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

賃貸物件で泥棒などの犯罪を防ぎ、平和を維持することは、退去率を下げ物件の資産価値を上げることにつながります。

そこで今回は泥棒撃退に有効な低コスト防犯グッズを紹介します。

賃貸物件はベランダからの侵入に注意

賃貸物件で発生する侵入窃盗の多くは、鍵をかけ忘れた玄関か、施錠しているベランダの掃き出し窓から侵入されます。

玄関の鍵を閉め忘れた場合、侵入を阻止するのは困難で、その対策は玄関をオートロックにするか、鍵の閉め忘れをしないようにするかのどちらかです。

逆に鍵をかけてさえいれば、その玄関をピッキングしたり無理くりこじ開けて侵入してくる泥棒はまずいません。

しかし、ベランダからの侵入は注意が必要です。

鍵をかけていようが、ガラスの一部を音もなく割られ、掃き出し窓を開けて侵入してきます。

補助錠などで掃き出し窓自体が開かない様にはできますが、防ぐ確率は「結構防げる」といったレベルの物で、絶対ではありません。

つまり、ベランダからの侵入に関しては、ベランダまで到達された場合は、補助錠などで対策していても、侵入の可能性はまだ残ってしまうわけです。

その為、泥棒がベランダまでたどり着くことを阻害することは極めて重要だといえます。
 

泥棒は賃貸物件のベランダに雨樋をつかって登る

泥棒が賃貸物件のベランダ(多くは2Fもしくは3F部分)にあがる為に利用するものに「雨樋」があります。

泥棒は地上から雨樋を掴んで、木登りの様にスルスル登っていくわけです。

ベランダに雨樋がついていることは多々あることで、雨樋を外すわけにもいきません。


そこで、泥棒が雨樋を登れない様にするグッズ「忍び返し」の登場です。

雨樋用忍び返しは、金属の輪に金属の長いトゲが複数ついているもので、雨樋の筒に輪をはめて使用します。

ネットショップなどで3,000~4,000円程度で売っており、見た目も割と物々しい為、泥棒がそもそも雨樋を見て侵入を諦めることが期待できます。

もちろん、不用意な泥棒が雨樋を登って侵入を企てても、2Fにたどり着く前に、泥棒の手にトゲがグサリ、そのまま登り続けることは不可能です。





 

更新日:2018年2月23日 (公開日:2018年2月12日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

空室対策の新着記事

空室対策の人気記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP